「FE 20-70mm F4 G」レビュー:松島円通院の冬の風景写真集

未分類

「FE 20-70mm F4 G」レビュー:α7c2で撮影の松島円通院拝観時の写真を紹介します。

  • ①:松島円通院の徒歩でのアクセス
    ②:冬の松島散策:円通院の風景写真

写真集ですが、カメラとレンズのレビューも兼ねます。

 

松島円通院のアクセス:電車と車で案内

「松島円通院」
への行き方を電車と車の場合を紹介します。
車の場合は駐車場の案内。

円通院への行き方:電車は仙石線の松島海岸駅

「円通院」
への電車でのアクセスは仙石線の
「松島海岸駅」
が一番近いです。
マップは以下。

①:距離は500m
②:時間:6分

と出ます。実際歩いてみるとこんな程度。

円通院への行き方車は松島海岸IC

車なら「三陸自動車道」の
「松島海岸IC」
が一番近いかと。
マップは以下。

①:距離:3.3㎞
②:時間8分

と出ます。
確かにそんなところです。

駐車場は円通院脇のワンコインがお得でお勧め

駐車場はここがおすすめです。
円通院のすぐわきになります。

円通院脇の駐車場の写真

定額500円です。
時間制限は当日中なら無し。
一回当たりの料金です。

松島行ってみると従量制の駐車場が主体です。
定額もあるのですが見たところでは
「500円」
が最安に感じます。
勿論1時間だけ・・それなら従量制の最低に駐車したほうがいいでしょう。
観光スタイルによるかと。

冬の円通院の景色:写真で案内する日本庭園

円通院の冬の風景写真です。

こちらが正門。
拝観料が500円です。

円通院の正門

正門の屋根・・茅葺です。
円通院正門の屋根の写真

縁結び観音です(バリバリの逆光でした)
円通院縁結び観音の写真

そのわきの小さい灯籠
縁結び観音の灯籠

正面の参道です。
円通院の正面の参道の写真

すぐわきの日本庭園
円通院の日本庭園の写真

石がきれいです。
円通院の日本庭園の写真

円通院の日本庭園の写真

参道から正面入り口方向をのぞみます。
円通院の日本庭園の写真

円通院の日本庭園の写真

休み処の屋根の苔の写真
円通院の日本庭園の写真

庭園内の苔がとてもきれいです。
円通院の日本庭園の苔の写真

円通院の日本庭園の苔の写真

重要文化財の
「三慧殿」
です。
三慧殿の写真

数百年経過の
「おんこ」
の木です。
おっ子の写真

中庭の門になります
中庭の門の写真

中の門を出て正門を望んだ風景
門を出て正門を望んだ写真

拝観料などの御品書き。
拝観料の印

カメラはα7c2と「FE 20-70mm F4 G」

撮影したカメラとレンズは

①:カメラ:α7c2
②:レンズ:「FE 20-70mm F4 G」

の組み合わせです。
こちら。

画像はサイトスピードの関係上
「1000ピクセル」
に縮小してあります。
「JPEG」
撮って出しで、加工は一切行っておりません。
「ST」
で撮影しホワイトバランスはオート。
絞り優先で適当に自動でパチパチと撮影しました。

細かい設定などは苦手なので、基本押すだけです。

松島円通院をα7c2で撮影してみて:感想

「逆光」
をものともせずによく映るな~~が感想。
やっぱし「フルサイズ」は違います。
「フジx-t5」
とすぐに比較してみてしまいますが、それぞれに味がありますね。

でも「α7c2」はきれいですね~~
レンズは「FE 20-70mm F4 G」は「秀逸」です。
大好きになりました。
買って良かった一本です。

「松島」
は好きで一年に何度も行きます。
カメラ(写真)が好きな私にとっては最高の被写体です。

中でもここ
「円通院」
はとても大好きな場所。
「春夏秋冬」
色んな趣を見せてくれます。

今回は冬です。
行ったのは2024年1月9日です。
暖冬で暖かくて、もともと雪が少ない所なのですが、とても冬らしからぬ風景に感じました。

でも、それぞれにいい風景を見せてくれるので、ぜひ宮城県の観光にいらっした場合は
「松島」
をチョイスしてくださいね~~
食べ物も、海の幸はとてもおいしいです。

*次回の円通院は春の桜の時期と
「臥竜梅」
の時期に紹介します。

・・・・・・
関連記事



・・・・・・
*ヘッダーの写真は円通院の提灯の写真。
これ風情があっていいですね~~

関連記事

特集記事

TOP