どっかいきたい気分:松島に行ってきた:冬の松島観光もまた格別

未分類

松島は日本三景:どっか行きたい気分になったら一押しの観光地。

  • ①:冬の松島の観光の見どころ
    ②:西行戻しの松公園から見た福浦橋は絶景
    ③:春夏秋冬別な顔を見せてくれる不思議な気分

について写真を交えて「どっか行きたい」を満喫した気分。

松島の冬の雪がない風景:写真撮影には絶好の被写体

松島に行ったのは
「1月9日」
明日どっか行こうかな~~と・・漠然と。
天気もいいようだし、気温も結構高め。
ならば、「松島」と思ったんだな。

今年2024年の1月は、どこも雪がなさそうです。(または少ない)
私の住んでる宮城県の山奥のへき地もまるで雪がない。

変わった冬です。
さらっとふるのですが、すぐに融けてなくなってしまいます。
楽でいいのですが、このままなら夏の水不足も心配かも。

松島は、年に何度も行きます。
まさに「春夏秋冬」の季節が大好き。
松島で好きな場所は

  • ①:西行戻しの松公園
    ②:円通院
    ③:瑞巌寺
    ④:五大堂
    ⑤:雄島
    ⑥:福浦橋
    ⑦:カフェ
    ⑧:松島四大観

などなど。
後は観光ではないですが
「お魚市場」
でおいしいものを食べるんだな。

みなさんいかがですか‥松島いいところですよ。
今回は、松島海岸通りをぶらぶらと歩きながら、シャッターを切ってみました。

カメラは最近買ったソニー

「α7c2」
です。
レンズは
「FE 20-70mm F4 G Gレンズ」
です。
20-70mmまで
「F4通し」
の小三元レンズ。
使ってみるとすごくいいですね。
特にいいな~~と思うのが広角の
「20mm」
です。
驚きました。
では写真で。

西行戻しの松公園の冬の風景

「西行戻しの松公園」
は桜の名所。
「カフェロマン」
と言う、すごく感じのいいカフェがあります。
大好きな場所です。

西行法師が諸国行脚の折り、松の大木の下で出会った童子と禅問答をして敗れ、松島行きをあきらめたという由来の地。

なんだそうです。
ほんとかな?

ってかロマンを感じますよね~~

駐車場の縁石に書かれた銘板
西行戻しの松公園の風景写真

この森の松がとても立派です。
西行戻しの松公園の風景写真

西行戻しの松公園の風景写真

ここから見る福浦橋は絶景。
私はこの風景がとても大好きです。

円通院の冬の風景:苔がきれいな庭園

次に行ったのが
「円通院」
この庭は春夏秋冬別な景色を見せてくれます。

ここの「三慧殿」と言う霊廟は国か指定されている
「重要文化財」
です。
伊達政宗公から見ると
「嫡孫」
の「光宗公」の霊廟になります。

入り口の正門です。
円通院の正門の写真

拝観料はこちら。
円通院の拝観料の案内
ちなみに大人
「500円」
です。
3年ほど前までは「300円」でした。
円通院の風景写真

苔がとてもきれいです。・
円通院の風景写真

こちらが「三慧殿」です。
円通院の風景写真

素晴らしい建物です。
こういうものがいつまでも存在するというのは、とてもうれしいありがたいものだな~~と感じます。

瑞巌寺の参道が印象的な風景

「松島」
と言えば、多くの方は
「瑞巌寺」
を連想するのでは?
そう思います。

瑞巌寺は陸奥古寺巡礼の
「四寺回廊」
の一つ。

瑞巌寺のの風景写真

参道です。
瑞巌寺の参道の風景写真

瑞巌寺の参道の風景写真

瑞巌寺の参道の風景写真

こちらが正門

瑞巌寺の正門の写真

瑞巌寺の参道は、東日本大震災で津波で被災しました。
海水で、多くの大木の神木が枯れてしまい、伐採や整備にかなりの時間を有しました。
以前の風景も良かったですが、きれいに生まれ変わった参道もとてもきれいです。

五大堂は拝観不可:工事中だった

「五大堂」
に行ったのですが
「透かし橋」
が工事中で拝観できませんでした。
拝観自体は無料なのですが、とても残念でした。
ちなみに4月頃までかかるそうです。
松島海岸では人気の
「三傑」
に入るのですが、観光の方、春には結構がっかりする方多い?
かもしれませんね。

観光汽船の乗り場方向から撮影してみました。

松島瑞巌寺の写真

麦側に見える赤い橋は
「福浦橋」
です。

雄島の渡月橋の赤が映える風景

「雄島」
はJR仙石線の「松島海岸駅」から徒歩で2~3分又は5分程度のところに位置します。
ここ雄島は
「岩窟」
が多数存在していて、まるで
「霊地」
の感を成します。

始めていく方は、少し驚かれるかもしれません。
私も何度行っても、ふしぎなばしょだな~~と。

「渡月橋」
と言う、赤い橋があるのですが、これがとてもきれいです。

雄島と渡月橋


(この写真は雄島側からの撮影)

この渡月橋を渡った先が
「雄島」
になります。

松島の散策の風景:特定の観光でなくともこんなに奇麗な風景

「松島海岸」
は45号線沿いで、端から端まで歩いても
「1.5㎞」
も観れば大方の観光地を網羅します。

勿論、そこから外れた場所でも名所はあるのですが
「有名どころ」
はほぼその範囲に収まります。

散策してみたのですが、結構な風景が楽しめます。
写真数枚紹介します。

雄島から見た福浦橋です。
雄島から見た福浦橋

観光遊覧船乗り場から見た観覧停です。
観光遊覧船乗り場から見た観覧停

形のいい木の風景

海浜公園

上の写真は、雄島に行く途中の海浜公園の写真です。
とてもいい景色です。(雲がきれいです)

松島の冬の風景の感想

「1月9日」
正月早々で、お天気もばっちしで、結構あったかい一日でした。
新しいカメラと言うのは、持ちだしたくなるものですよね。

以前はフジの
「X-T5」
を使っていたのですが、常時使用のレンズが
「16-55mmF2.8]
のレッドバッジ。

が・結構重いので、もう少し小さいのが欲しいな~~と。
って・・結構これでも小さいのですが。(フジも小型で気にいってました)

そこで見たのがソニーの
「α7c2」
です。
レンズキットで買ったのですが、広角が弱いのと望遠側もいまいち。
そこで購入したレンズが

「FE 20-70mm F4 G Gレンズ」

です。
満足するのは広角ですね。
「20mm」
はすごいね。

APS-Cの16㎜は約
「24㎜」
相当ですが、それでも結構広角だな~~と満足していたのですが、それよりも広角。
驚きました。

上の写真。
松は巨大なのですが、近くで撮影でも余裕で収まります。
これ一押し!

凄いの買ったな~~と大満足でした。

・・・・・・・・・
関連記事



・・・・・・・・
* 画像はカメラから撮って出しのJPEGで何の加工もしていません。
ページスピードの関係で(要領)1000に縮小しています。
劣化は容赦ください。
*ヘッダーの写真は私の「α7c2」に「FE 20-70mm F4 G Gレンズ」を装着した写真です。

関連記事

特集記事

TOP